コメディアンのトニー・ナイトさん 事故死 54歳 フェス会場で木の枝が落下

(2024年7月6日11:45)

コメディアンのトニー・ナイトさん 事故死 54歳 フェス会場で木の枝が落下
トニー・ナイトさん(Instagram/@tony_knight_comedy)

英国のコメディアン、トニー・ナイトさんが、フランスのフェスティバルに参加していたときに、大きな木の枝が落下してナイトさんを直撃する不慮の事故により死亡した。

米TMZによると、ナイトさんは先月、フランスのラヴォールで開催されたフェスティバル「Rock'&'Cars」に参加中に木の枝落下事故に巻き込まれて死亡したという。家族がFox News デジタルに明らかにした。

ナイトさんの遺族は、「彼は健康で、幸せで、すべてを兼ね備えていました。彼はカリスマ性があり、面白く、情熱的で、(パートナーの)ヘイリーや家族、世界中の友人たちからとても愛されていました」とのコメントを発表した。「私たちは、彼の人生が不慮の事故によって奪われたことに打ちのめされています」と付け加えた。

フランスのメディアによると、フェスティバルの会場にあった大きな木から2本の枝が落下して、ナイトさんらを直撃した。ナイトさんは死亡、4人が負傷したという。

ナイトさんは、コメディアンとしてだけでなく "ドッグ・リスナー "として犬と接する仕事でも知られていた。ナイトさんのウェブサイトには、「力、痛み、支配、薬物、ガジェットを使わないシンプルなテクニックで、世界中の何千もの犬の飼い主を助け、犬の問題行動を解決した」と記されている。

ナイトさんは近くイギリスでコメディ・ツアーを行う予定だった。パートナーのヘイリーさんは、インスタグラムで「彼は非常に才能のある人で、弓の弦をたくさん持っていた。彼にできないことは本当に何もなかった。彼は多くの人にとって素晴らしい友人であり、素晴らしい犬のパパでした…しかし、何よりも彼は私の世界でした」と追悼した。